2020年12月17日

パラグアイのコロナ禍

もう師走も中旬。今年はコロナ禍で日常が一変しました。
パラグアイのコロナ状況・コロナ禍での学校状況などを徒然に。。

パラグアイは人口700万人くらい。東京都の半分位ですね。
感染者はじわじわ増えていて、毎日600〜1000人!首都近郊の病院のICUはひっ迫しつつありますが、それほど危機感はありません。4月・5月はピリピリしていて外出制限も厳しく人通りが少なく営業する店も限られていましたが、現在は日常生活はほぼ通常通り。
マスクは義務化されましたしどのお店に入るのにも、手洗い・検温・アルコール消毒が必要ですが…

ちなみに、菜の花レストランは時間短縮、席数減らして、デリバリーをしながら何とか営業していて、
民宿らぱちょの方はこちらで生活する人の下宿屋になっています。ブラジルとの国境は開きましたが、アルゼンチンとの国境はいまだに閉ざされたまま。来年には旅人さんが戻って来られるような状況になってくれますように!

そしていまだに大きく違うのは、学校。3月中旬に国内でコロナによる死者が二名出たらすぐに学校が閉鎖。
4月のセマナサンタ(イースター)開けには再開か?など最初は思っていましたが、セマナサンタにまさかの年内閉鎖が決定。
パラグアイの学校は2月に始まり11月に終わるので、今年卒業する最終学年とかだけは11月にテストのためだけの登校が認められました。。。

で、授業はどうなったか、というとオンラインでの授業です。学校によって違うのですが、公立の学校などはテレビで授業をしたとか聞きました。
うちの娘の通う私立のAdventistaはZoom授業。学年ごとに違う時間帯で毎日一時間、月曜日〜木曜日まで。(小学生は金曜日休みでした。)
そのほかに学校の専用プラットフォームから課題がだされます。一週間にだいたい10個くらいで提出期限は二週間以内。
たまにZoomで説明しながらプリントを埋めることもあるのですが、だいたいは先生のあげた動画を見て、プリントを出力し、回答を記入。それをスキャンしてアップロード。

これが、日本語だったら私もそこまで大変でなかったとおもいますが…もちろんすべてスペイン語!
娘は先生の話すことくらいは聞き取れているはずですが、新しい概念の説明とかは…???
そこで、アップロードされている補助のプリント資料を翻訳(GoogleとDeepLで翻訳して比較)し日本語で説明した後、スペイン語で回答させる。ということをやらねばならず、親子ともども非常にストレスでした。
授業料は20%オフになりましたが、教えている時間・労力を考えるとお金をこっちが欲しいくらいです。

だいたい、自分が習っていないことなのでどう教えたらよいのか・・・
算数なら楽勝!とおもっていたら、割り算の書き方が日本と違う!し、
社会はこちらもパラグアイの歴史や地理は勉強になってよかったのですが、
理科は細胞膜や玄武岩って小学校三年生でやる内容だっけ??三年生に説明するには難しすぎる気がします。
少なくとも手元にある小学校三年生の理科の教科書には載っていません。

そして、Adventistaはキリスト教系の学校なので宗教の時間もあります。
聖書のここを読んでなぜイエスがこう言ったのか考えなさい。とかいう問題が出るのです。
スペイン語の聖書と日本語の聖書を読み比べようとおもってもタイトルからして違うので探すのが一苦労。
exodoが出エジプト記なんてどうやったらわかるのっ!!
いやぁオンライン翻訳に本当に感謝しかありません。

そんなこんなで頑張って11月の学年末試験は何とか乗り切り、成績表もPDFファイルで届きました。
内容の理解度はとにかく、とにかくプリントを埋めて期限内に提出するのは頑張ったので無事に来年は4年生に進級できそうです。ふーっ。疲れました…
来年は対面授業始まってほしいものです。

ちなみに日本人会の日本語学校はやはり学費に割免除でZoom授業が週に二時間。
授業後に授業でやった内容の課題が出る形式で、授業内容を動画でアップしてくれて非常に丁寧に教えてくれるのですが、こちらは日本語を日常生活であまり使っていない日系三世が多いクラスなので、娘には簡単すぎ。二年の漢字が終わって三年生の漢字をすこし始めたところで、三年生が終わりました。
まぁこちらの学校へ行かせている目的は運動会やスピーチコンテストなどなので二年の復習が出来て良かったのですが…

頼りにしていた日本語の国語、Avdentista/三育の日本語クラス。
こちらは今年はZoomなし、授業料も無しなのですが、日本語の教科書とそれに対する質問がずらっと載っているプリントの束をいただきました。スペイン語の合間を縫ってなんとかこなして前期分を提出。今はスペイン語が夏休みなので、後期分をやらせていますが、どこまでわかっているのやら??
宿泊業がほぼ休業状態なので時間はあるといえばあるのですが、本当に早く授業が始まってほしいものです。
posted by うらん at 00:04| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

パラグアイ永住権申請2020

最近、パラグアイ永住権申請希望の方が多くいらっしゃいます。
以前の記事から、いろいろ変更があったりしていますので
わかっている限りの最新情報をまとめました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 永住権申請から身分証明書受取まで流れ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
必要書類を集めて移民局へ提出(1週間前後)
  メールアドレスを提出するので、申請後受付完了のメールが来る
↓ 半年〜一年以上かかる場合も・・
できたかどうかはメールで案内があるときもある
    ↓1,608,090Gs(2020/2現在)
 永住権受取

 身分証明書セドラ(Cedula)を申請
↓ 30日後・85,000Gs
 セドラ受取

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 永住権申請に必要な書類
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
パラグアイ移民局の公式ホームページを確認してください。
http://www.migraciones.gov.py/index.php/tramites/radicaciones/radicacion-permanente

18歳以上は
Requisitos / Observacionesの表の1〜10のオリジナルの提出が必要です。
そして
1〜8に関しては
真贋証明された(AUTENTICADO)コピー一部が必要。
裏に記載のある場合は裏面のコピーも必要です。

※真贋証明(AUTENTICADO)とは
公証人(Escribania)でそのコピーが本物と認証してもらうこと
公証人によって値段は一枚2,000Gs〜5,000Gs程度
移民局近くは高いので1ブロック離れたIturbe通りにあるところがおすすめ
以下☆は真贋証明(AUTENTICADO)が必要なコピー

永住権申請に必要な書類詳細
数字はパラグアイ移民局の公式ホームページの番号

@・A:パスポート
B・E:戸籍(出生・婚姻証明))
C:無犯罪証明書
D:パラグアイの無犯罪証明書
F:パラグアイの居住証明
G:健康診断書
H:パラグアイの法順守宣誓
I:パラグアイの生活保障証明

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆@・A◆パスポート
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
日本のパスポート(パラグアイ入国スタンプのあるもの)
 ↓
スペイン語に翻訳 ※必要な場合と不要な場合あり・・・
 ↓
提出

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆B・E◆戸籍
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
既婚歴無個人の場合:戸籍抄本でもOK
(謄本だと翻訳料金が上がります。)
家族・夫婦の場合:戸籍謄本
 ↓
日本の外務省でアポスティーユ
 ↓
翻訳
 ↓
提出

もしくは

戸籍抄本/謄本
 ↓
在パラグアイ日本大使館で戸籍をもとに出生・婚姻証明作成
 ↓ 各60,000Gs・2日
パラグアイの外務省認証(Legalizard)
 ↓ 100ドル弱・当日
提出

※戸籍翻訳の場合はパラグアイ外務省は不要ですが
日本大使館発行文書はLegalizardが必須です。



▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆C◆無犯罪証明書(14歳未満は不要)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
移民局ホームページを見るとパラグアイに5年以上住んでいたわけでなければ
インターポールの無犯罪証明書は不要と思われますが、
居住証明や銀行にはインターポールがいるので合わせて記載します。

◇1◇過去5年間住んでいた国の警察の発行する無犯罪証明書
(日本の有効期限は6か月)

(1)日本でとる場合
在日パラグアイ大使館のHP↓から
http://www.embapar.jp/ja/sc/visa/visa_larga_estadia_japoneses/

永住権には無犯罪証明書が必要であるということの記載のある書類をダウンロードし印刷(a)

 ↓
住民票のある道府県警or警視庁で申請
 ↓ 無料・必要書類:(a)+?他警察によって異なります。
一週間程度
 ↓
受取
 ↓
日本の外務省でのアポスティーユ
 ↓ 無料・(行けば翌日、郵送は二週間)
受取
 ↓
翻訳が必要なことも??
 ↓
提出

(2)日本以外でとる場合
在外日本領事館で申請
一か月から数か月
 ↓
受取(アポスティーユ付)
 ↓
翻訳?
 ↓
提出

◇2◇インターポールの無犯罪証明書◇
(有効期限は3か月)
パラグアイのインターポールで申請
 ↓パスポートコピー☆・写真二枚・50,000Gs・翌日〜数日
 ↓
受取
 ↓
警察@で認証
 ↓ 無料・その場
警察Aで認証
 ↓ 無料・その場
提出



▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆D◆パラグアイの無犯罪証明書
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
国家警察PoliciaNacionalで申請
 ↓ その場で発行・63,000Gs・
 ↓ パスポート顔写真&入国スタンプページ☆
提出

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆F◆パラグアイの居住証明
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
パラグアイ居住地の近くの警察で申請書をもらう
 ↓
申請(無料)
 IDのコピー☆
 申請書(パラグアイ人二人の承認サインが必要)
 サインしたパラグアイ人二人のセドラコピー
 電気・水道・電話の契約書コピー
 インターポールの無犯罪証明書コピー
 ↓翌日
受取


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆G◆健康診断書
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
パラグアイの病院で健康診断書作成
 ↓ 以下の3点が言及されていること
 ↓ (fisica・mental・infecto-contagiosa)
パラグアイの厚生省で認証
 ↓ 10,000Gs・午前中申請なら即日
 ↓ 健康診断書作成時にした検査結果が必要なことも・・・
提出

※子供の場合は小児科医による健康診断書のみ受付

※日系福祉センターの診療所は今は閉鎖しています。
 アドベンティスタ病院が厚生省に近くて便利
 日系の先生もいます。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆H◆パラグアイの法順守誓約書
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
公証人(Escribania)に作成依頼
 ↓ その場で発行・Escribaniaによる50,000Gs程度?
提出


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆I◆パラグアイの生活保障証明
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
公式ホームページのANEXOの欄にあるように
残高証明以外にもいろいろあります。。

例)残高証明(29,519,000Gsか同程度のドル)
パラグアイの銀行に口座を開く
 ↓
残高証明
 銀行によっては残高証明発行後数か月の口座凍結する場合も

※口座開設には基本的にセドラがないとできませんが
以下の二つはOK

FINANCIELA Paraguayo Japonesa
 必要書類:永住権申請のための書類(戸籍など)のほぼすべてが必要
 口座開設手数料:USD128
 残高証明発行手数料:USD55
  ほかに多額のドル入金ごとに手数料が必要・・・
 メリット:ドル口座開設が可能・口座凍結が3か月のみ

Banco Nacional de Fomento(BNF)
 必要書類:インターポール☆・パスポート顔写真☆
 残高証明発行手数料:55,000Gs
 デメリット:ガラニー口座のみ・永住権ができるまで口座凍結

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 セドラ申請に必要な書類
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
 永住権証明書
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
永住権取得時に移民局からもらえるはず

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
 外国人登録 
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
※不要な場合も…
外国人登録の警察Bで申請
 ↓10,000Gs・その場
 ↓インターポール・居住証明コピー
受取

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
 永住権申請とほぼ同じ
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 永住権取得後、オリジナルはすべて返却されますので
 それを流用できますが、以下の書類は有効期限が切れている可能性が高いので
 取り直しが必要

  日本の無犯罪証明書(半年)
  パラグアイの無犯罪証明書(三か月)
  パラグアイの居住証明(三か月)


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 永住権関連施設
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●移民局/DIRECCION GENERAL DE MIGRACION●
住所:Caballero No.201 e/Eligio Ayala
電話:+595-(0)21-446-066

●インターポール/INTERPOL●
住所:Cnel. Gracia No.468 c/Tte. Rodi

●外務省/Ministerio de Relaciones Exteriores●
住所:14 de Mayo c/Palma

●厚生省/Ministerio de Salud●
住所:Brasil c/Manuel Dominguez

●警察/PoliciaNacional●
住所:R.I.2 Ytororo c/ Boggiani

●警察@/PoliciaNacional Direccion General de Bienesfar Personal●
住所:India Juliana c/San Roque Gonzalez de Santacruz

●警察A/Comandancia de la PoliciaNacional●
住所:Paraguasyo Independiente
entre Chile y Ntra.Sra.de la Asuncion

●警察BInvwstigacion de Delitos de la Policia Naciona●
住所:Azara y Estados Unidos
続きを読む
posted by うらん at 04:35| Comment(3) | 永住権申請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

犬騒動

2月に飼い犬がいなくなってもう結構な日々が経ちました。
はじめのうちは、もしかしたら帰ってくるかも?と淡い期待をしていたのですが、それも一か月たち二か月たち。。。あの子はどこかで幸せに飼われていることを願ってあきらめることにしました。

そして、どこかで犬くれるっていう人いないかなぁなんて思っていたら、ある朝娘の登校中に家の前の庭を掃除していたおばあちゃんに言われました。
「あんた達、犬欲しいでしょ?あそこの家犬を手放したがっているから、話しておいてあげるわ」

私と娘がいつも犬の散歩がてら登下校しているので、近所の人は我が家の犬が行方不明になったことみんな知っているのです。歩いていると「あれ?犬は??」って聞いてくるので。。

どんな犬かオスかメスかも情報もないまま、とりあえず帰り道にその家の前を覗いてみましたが誰もいません。。
 ところが、その翌日その家の前を通りがかると、待っていたように
「はい、この犬。かわいがってね」といきなり手渡そうとされました。
えっ、ちょちょっとまって・・・とりあえず、娘を学校に送ってから・・・

帰路によってみると
渡された犬は結構大きく、5か月の子犬なのに以前飼っていた成犬より一回り大きい感じです。あんまり大きいのはなぁ。。これはちょっと・・・と断るスキもないまま、「頭のいい子よ〜よろしくね」とリードをつけて渡されました。

うぅ・・・まぁ、できればもうちょっと小さく毛の短い品種のほうが、とも思ったのですが、これも何かの縁。元の飼い主さんに聞いた名前が聞き取りにくく発音しづらかったので、別の名前をつけ翌日には一度も打っていないというので予防接種を受けさせ、かわいがっていました。そう、前の犬と同じように登下校送迎に犬の散歩です。

当然、以前の飼い主の家の前を通ります。普段は門が閉まっているので、犬も何の感慨もなさそうに通り過ぎるのですが、家に来てから10日後の朝、たまたま前のオーナーさんが門の外に出ていました。

「あれまぁ××ちゃん」と犬を呼び寄せると、抱きかかえで私の持っているリードを手に取り、そのまま家の中に入っていきます。
えっ?何?? なにか犬の付属品でも渡してくれるものがあるの?
私と娘が呆然としていると、その息子らしき人が、
「帰ってくるから」といったようなことを言うので、待っていると、しっかり犬を抱きかかえたまま戻ってきて

「お願い、この子を返して、この子じゃなきゃやっぱり駄目だわ、旦那がこんな大きな犬ダメだっていうからほかの小さい犬を飼うことにしたんだけれど・・・」

「No」といったところで、抱きかかえた犬を返してくれそうにもありません。こんな時なんていえばいいのか。。
私と娘が絶句しているまに、犬を抱きかかえたまま家の中に入って行ってしまいました。

こんなことってアリ!?

さて、数週間後。その事件のあった家の向いに住んでいて事の顛末の目撃者のおばちゃんが、今度は学校への迎えの途中で声をかけてきました。
「せにょーらっ、こっち来て、来て!!」と。寄っていくと「ハイこれ」また突然犬を手渡されます。こんどはまだ幼い子犬です。
「犬欲しがっていたでしょ?これ誰かが家の前に捨てていったの。うちはもう二匹飼っていてこれ以上は無理。お願いだから持っていってよ」
うぅ。。今回はNoと言える状況です。でも抱かれた子犬にぺろぺろクンクンされちゃうと嫌とは言えません。まぁ今度は本当にもらってもらいたがっているし、大丈夫か。と。

子犬と学校に迎えに行くと娘は大喜び!とりあえず、喉乾いてそうだしミルクで大丈夫よ。と言われたので、ミルクを与えて遊んで・・・何て名前がいいかな?なんて名前候補をいろいろ考えていました。

そして家について二時間もしたころでしょうか??
本当の飼い主さんがやってきて、返してほしい。とのこと。
聞けば、飼い始めたところ、部屋の大家さんが勝手に犬を持ち出して私にくれてしまったらしいのです。丁寧な人で「もしできれば、なんだけれど。」とソフトな言い方で頼まれてしまい、そういうことであれば、犬を取り上げられる悲しみは、ついこの間自分たちが体験したばかりです。。。泣きそうな娘は申し訳ないけれど、まだ短時間でよかった。

その後も何人かに犬どう?と言われましたが、もう近所はコリゴリです。
そして、ネットで里親募集している人に連絡して、やーっと我が家の新しいメンバーが決まりました。


P_20190619_141739.jpg

ふーっ、やっと一件落着。
でも、また犬もらって、と声をかけられるのを避けるために、まだ散歩には幼い子犬ですが、カバンに入れて連れまわしています。
posted by うらん at 05:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする