2019年03月06日

犬の行方不明

飼っていた犬が、家出をして帰ってこず、そのままもう一か月以上たちました。
二月のはじめ、まだ骨折中の私が歩くのが不自由で散歩が減っていたのが不満だったのでしょうか?
車の出し入れ時の時にでもこっそり出たのでしょう。
気が付くといなくなっていました。

脱走癖のある子でした。
一晩位帰ってこないことはたまにあったし
名札もつけていたので、見つけた人から電話がかかってきたり
家まで連れてきてくれたりで
今までは無事に戻ってきていたのです。

が、

いちいち電話の度に迎えに行ったり、連れてきてくれた人にお礼をしたりが
煩わしい。と旦那が名札を取ってしまっていたのですね〜
私は反対したのに・・・

歩けなかった私は捜し歩くわけにもいかず
気もそぞろながら、数日待ち、張り紙をつくって近所の電柱に張って歩き
Facebookやテレビの訪ね犬コーナーに掲載を頼んだり
色々しましたが、情報もなく帰ってもきません。

そのうちに私が歩けるようになり、道を歩いていると
みんなが犬どうしたの?と声をかけてきます。
いなくなっちゃった、というと
連れていかれたのよ〜という人のなんと多いことか。

その割に、一人で散歩している顔見知りの道端の犬はいつも通り。
でも、独り歩きしている犬は、顔見知りになって撫でさせてくれても
割と不愛想でそのあとついてきたりはしません。
うちの子はだれにでも笑顔で愛想を振りまくタイプで
しかも今までは親切な人が名札を見て家に連れてきてくれたりしたから
この人についていけば家に帰れるかも?とか思ったのかもしれません。

Layla-No1.JPG

あ〜今頃どうしているんだろう。。。
せめてかわいがってくれる人の家で幸せだといいんだけれどなぁ。
と思いつつ歩きながらついつい目は犬を探す毎日です。
はぁ。。。。。

でも、今日ネットのニュースで
「飼い犬の性格は飼い主に似る」という記事がありました。
それによると、かなりの確率で性格が似るとのこと。
そもそも、性格の似た犬を気に入って飼うからなのか
育てるうちに性格が似るのかはわからないそうですが。

その記事には、おとなしいとか活発とかいう性格しか書いてませんでしたが
私も旦那も世界中をふらふらと放浪して歩き結局地球の反対側に住むことになった夫婦です。
しかも家に訪ねてくる人は旅人ばかり。
放浪癖まで似てしまったのかも???
posted by うらん at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

骨折

骨折しました。

年末のせわしない時期であと数日で学校も終わり、という朝
ほらっ急いで!!
といつものように娘を急かして階段を駆け下りると
右足の着地地点に運悪く、犬におもちゃにしていた結構大きな牛骨がありました。

日本では牛骨なんてお目にかかることあまりないと思いますが
こちらでは安い部位の肉は骨付きでザクザク切ってパックに入って売っているのです。
先日カレー用に買ったのは牛の足の輪切りになったもの。
厚さは3センチほど。
肉の中心には直径5センチくらいの骨があり、
焼いて食べるにはあごの筋トレに良い堅さ?の肉なのですが
圧力なべで煮込めばトロトロになって美味。そして
一キロ当たり400円しない値段なので重宝しているのです。

牛骨は堅く、鳥の骨はガリガリかみ砕く我が家の愛犬も
さすがにかみ砕けません。
いつまでも床に転がっているのを、いつかはゴミ箱にと思っていたのですが
捨てようとすると、遊んでくれると思ってじゃれてくる愛犬を見ては
また今度でいいか。と放っておいたのがいけなかったんですね。

牛骨の上に着地した右足、勢いよく下ってきた勢いで
おもわず外側にグキッとひねって転倒。。。
骨折も人生何回目か経験済みの私。
これは骨折の痛みじゃないな。と甘く見ていましたが
翌日行った病院ではいきなりCTスキャンを取られて
骨折と診断。6週間安静をいいわたされました。

あ〜あ。。。。。

骨折した場所は足のくるぶし近くの小指の骨。
知り合いによると「下駄骨折」というものらしく
ポキンときれいに折れていました。

三週間は固定して足をつけずに生活し
次の三週間は固定したまま足をつけて歩き
あとは様子を見ながら、ということで
ギブスか、と思ったら。

ボタウォカーを買えと
うんんっ??

写真でみせてもらってわかりました。

20190225Blog.jpg

上が開くスキーブーツのような足首固定ブーツで
医者によると
ギブスだと
 暑いし
 シャワーで洗えず
 寝る時も付けたまま

これだと
 シャワーや就寝時は外せる
 体重をかけられるようになった時も歩きやすい
 云々

ということで、病院から遠く離れたその代理店で松葉杖と一緒に購入。
確かに暑いこの時期、ギブスよりも快適でした。

が、結構お高かった
これ(380,000Gs、約7600円)と
松葉づえ(250,000Gs、約5000円)
中古で売れるかもしれないし
二度と使いたくないけれど、もしもの時にはあると便利なことは確かです。

ということで、民宿らぱちょでは松葉づえおよび、足首固定サポーターのレンタルもしています!
posted by うらん at 03:48| Comment(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

いちごパフェ

8月です。
今年も春が来て最初に咲くピンクのらぱちょが咲いて散っています。
そしてこの時期になると出てくるのが

イチゴ(フルティージャ)です。

パラグアイではハウス栽培とかなく路地ものだけなのでしょうね。
イチゴが売られている時期が本当に限られていて
買えるのは6月から9月ごろだけです。

そして今年は天候のせいなのでしょうか?
出始めが遅くそして高い!
去年までは一キロ当たり安いと20,000Gsだったのに
今年はもう8月だというのに一キロ当たりが35,000Gsもする〜

うぅ。おいしいイチゴが沢山食べたい。。。。

ということもあり
毎年行きたいなぁと思いつつ
気が付くと時期を逃していたいちごパフェを食べに
新市街にある有名なアイスクリーム屋さんクアトロ・ディに行ってきました。

イチゴの入手が期間限定なので
いちごパフェも当然期間限定です。
サイズが二種類あり、普通サイズとミニサイズ。
親娘3人だからミニ3つで
娘が残した分は私が食べればいいっか。とおもっていたのですが
直前に行った人から、「ミニで十分」と聞いていたので
ぐっと我慢してミニを二つ頼みました。

昔パフェ食べ放題の店で
一時間に6個のパフェを平らげたことのある私としては
ちょっと物足りないかなぁなんて思っていたのですが
やっぱりここはパラグアイ。
ミニでも十分立派なサイズのが来ました。
500tのペットボトルと比べてください。

P_20180812_133414.jpg

そしてこのイチゴとクリームのボリューム♪♪♪♪

P_20180812_133516.jpg

イチゴとクリームが食べ終わると
その下にはイチゴとバニラのアイスとイチゴソースがたっぷり。
日本のパフェは下のほうにコーンフレークが入っていて
カサ増ししてありますが
そんなものは一切入っていません。

それでいて、甘すぎるスイーツが多いパラグアイにしては
甘さ控えめクリームにイチゴの酸味がさわやかで
まったく胸焼けすることなく最後まで幸せに食べられました。

これなら、ミニでなくてもよかったかも?とおもった私ですが
隣のテーブルに来たフルサイズを見て、ビックリ。

ミニが500tペットボトルサイズなら
フルサイズはビールの大瓶くらいのサイズだったんです。
食べてみたい気もチラッと横切りましたが
翌日以降の体重計のことを考えると
やっぱりミニサイズが幸せな量なんでしょうね。

Quattro D
http://www.quattrod.com.py/
いちごパフェ(San Remo)
ミニサイズ24,000Gs
posted by うらん at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする