2015年03月07日

幼稚園

南米では新学期は夏休みの後、2月か3月に始まります。
2月で3歳になった娘も幼稚園に通い始めました。

アスンシオンには
日本の文部省の先生が派遣される日本人学校のほかに
日本語の教育をする学校がいくつかあり、
日本人学校以外には幼稚園も併設されています。

・三育学院(アドベンティスタ)
幼稚園から高校まで
スペイン語コースと日本語コースあり
・日本人会の日本語学校&幼稚園
日本語の塾的なかんじで他の学校にかよわせつつ通う子が多い
平日コースと土曜日コースあり
・日本パラグアイ学院
日系の人が設立した学校、日系の生徒は少ないらしい
・NIHON GAKKO
パラグアイ人によるパラグアイ人のための日本教育校

その中でも三育学院は
うちから徒歩7、8分、三歳児と一緒でも15分くらいなので迷う余地もなし。

三育学院の新学期は3月1日。
2月中から私付きで通わせてもらっていて慣れたおかげか
友達と遊ぶのがよっぽど楽しいのか、
お休みの土日も「幼稚園行きたい!」ってうるさい程です。

もともと楽しければ親がいなくても全然平気だった娘。
心配しなくても大丈夫そうです。

三育学院幼稚園、日本語コース

8:00〜8:30までに通園
10:00位からおやつタイムあり
11:30〜12:00までにお迎え

3歳児月謝は300,000Gs/月
2歳児:350,000Gs/月
4歳から6歳:250,000Gs/月

※他には
入学金:200,000Gs
教材費:30,000Gs/月
母の会会費:20,000Gs/月
清掃費:10,000Gs/月

今年は幼稚園は5名のみ
日系(娘を含めて)3名
パラグアイ人2名
先生は日本語で教えてくれますが、子供同士はスペイン語会話。
家の中では完全日本語環境で育ってきた娘ですが
なんとかやっていっているようです。
posted by うらん at 03:11| Comment(5) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする