2018年05月09日

日本の教科書

海外に住んでいても日本国籍の子供は
義務教育の間の教科書を無料で受取る資格があります。

でも、「資格がある」だけなので
待っていればもらえるわけではなく
学年の始まる半年以上前に
大使館や領事館に行って申請しないといけません。

※日本人学校へ通う場合は学校で申請するので不要です。

うちの娘は2014年生まれで
日本だったら4月から一年生。
なので、去年の9月に申請に行ったのですが
締め切りを過ぎてしまっていて
教科書自体は無料だけれど送料負担で
なんとか手に入れることができました。

送料はパラグアイまで送ってもらって5100円。
一年生の教科書一式(前期・後期の教科は前期ぶんのみ)7冊が
無事に日本から届きました。

教科書.jpg

そして、後期の教科書こそ期限内に!と思っていたのですが
前期申込時にはいつ締め切りかがわからず
5月と手帳にしっかりメモしていました。

そして5月。
入ってすぐはどうせ連休だからゴールデンウィーク明けに
申し込みに行こう!と思っていたら

えっ!
5月4日(金)締め切り!?
在パラグアイ日本大使館は日本の祝日も開いていました!!

気が付いたのは5/6(日)
あらららら・・・・
また、送料負担かぁ。
でも、どちらにしても申し込むなら
早めに行こう。と月曜日の午前中に申請に行きました。

大使館職員:「締め切りは金曜日だったんですよぉ」

私:「はい、すみません..ゴールデンウイークかと思っていて...」

大使館職員:「ホームページには大使館の祝日も、締め切りも載っているんですけどね。」

私:「はい、すみません..」

大使館職員:「領事に確認してきます」

というやり取りの後
大使館職員:「大丈夫でした」

私:「ありがとうございます!!次回こそ期限内に申し込みます!」

この間もそう思っていたんですけどね...
本当に次回こそ!!!

※必要なもの※

「教科書申込書」
「意思確認書」
子供のパスポート顔写真ページコピー
子供のパスポート日本出国ページコピー
子供のセドラコピー
posted by うらん at 05:49| Comment(2) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする