2013年07月19日

免許更新

車とバイクの免許の更新に行ってきました。
昨年作ったときわたしは永住権はあったけれど
こちらの身分証明書「セドラ」がない状態でした。
よって本来なら5年くれるはずの免許の有効期限が一年だったので
もう更新しなければなりません。

そして旦那はなぜかセドラがあってもバイクは「Justicia Electoral」
選挙の登録がないと5年の免許はもらえず・・・

今年は私のセドラもあるし、目指せ5年免許!

まずは市役所にいって申請用紙を購入。(1,000Gs/一枚)
去年はバイク用車用と一人で二枚必要でしたが
今年は一人一枚でOKとのこと。
そして次に視力・聴力テスト(10,000Gs/一人)
ちゃんと視力聴力テスト用の小部屋があるのですが
去年は書類にサインするだけでOK
今年は視力テスト用の板に電気をつけたので
やるのか?とおもったら、やっぱりサインだけでOK。

そして、いざ、筆記テスト。。。とおもったら
その前に「Justicia Electoral」をとってこいと。

「Justicia Electoral」は市役所ではなく別の場所(選挙登録所?)。
車で5分ほどのところへいき、セドラをみせてなにやら書類に書き込んで
最後に拇印を三枚おして、終了。これは無料。
どういう仕組みなのかわかりませんが、これでなんと来年から選挙権がもらえるらしいです。

書類をもって市役所に戻るともう午後。
13時以前でないと選挙登録所から書類がこないので明日の朝また来い、といわれ
一日目は終わり。

そして今日。
昨日の担当者がいません。
昨日みた担当者は去年もいた担当者。
スペイン語がわからず筆記テストボロボロだった私たちを
袖の下で合格させてくれた人です。
今日の担当者は若くてなんだかワイロ効かなさそうな顔つきです。

うーむ。袖の下払うのは癪だけれど、それが効かないとなると
免許更新が危うい。。。
冷や汗をかきながらテスト。
問題用紙は2枚でそれぞれ10問ずつ三択の問題があります。

一枚目は
優先道路の順番や信号のない交差点での優先順位や街中の速度など。
二枚目は
道路標識を見ながらその意味を問うもの。

どんな意味か?大体わかっても、微妙なスペイン語のニュアンスなんてわかりません。
たとえば、左にカーブするマークの道路標識
・このさき左にカーブ
・左カーブがあるから徐行せよ
・左にしか曲がるな
といったような三択なんですよね〜

幸い去年とおなじ問題だったので7〜8割はなんとかできましたが
合格ラインはたしか9割。
担当者は答え合わせをしながら、私の書いた回答を
「ここはこうだ」とかいいながら、書き直してます。

そしてなにやらテスト用紙の下にサインをしてくれました。
なんと、これで合格!!

わーいありがとう!!!

あとは免許証の実費をはらって写真をとりすぐに免許をくれました。
 車:43,000Gs
 バイク:38,000Gs
ちなみに車用とバイク用で免許証は別々です。
写真 (1).JPG

ふーっこれであと5年は安泰です♪

ちなみに日本の免許が切れて3年以上たっても
その切れた期間に海外で運転していたと証明できれば
日本帰国後に簡単に日本の免許復活できるそうな。
ただし、
前の日本の免許証
免許失効期間中に海外にいたことを証明する書類(パスポート)
免許失効期間中に海外で運転していたことを証明する書類
(パラグアイの運転免許証)
がないとダメだそうです。
posted by うらん at 12:39| Comment(0) | 書類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: