2019年06月28日

犬騒動

2月に飼い犬がいなくなってもう結構な日々が経ちました。
はじめのうちは、もしかしたら帰ってくるかも?と淡い期待をしていたのですが、それも一か月たち二か月たち。。。あの子はどこかで幸せに飼われていることを願ってあきらめることにしました。

そして、どこかで犬くれるっていう人いないかなぁなんて思っていたら、ある朝娘の登校中に家の前の庭を掃除していたおばあちゃんに言われました。
「あんた達、犬欲しいでしょ?あそこの家犬を手放したがっているから、話しておいてあげるわ」

私と娘がいつも犬の散歩がてら登下校しているので、近所の人は我が家の犬が行方不明になったことみんな知っているのです。歩いていると「あれ?犬は??」って聞いてくるので。。

どんな犬かオスかメスかも情報もないまま、とりあえず帰り道にその家の前を覗いてみましたが誰もいません。。
 ところが、その翌日その家の前を通りがかると、待っていたように
「はい、この犬。かわいがってね」といきなり手渡そうとされました。
えっ、ちょちょっとまって・・・とりあえず、娘を学校に送ってから・・・

帰路によってみると
渡された犬は結構大きく、5か月の子犬なのに以前飼っていた成犬より一回り大きい感じです。あんまり大きいのはなぁ。。これはちょっと・・・と断るスキもないまま、「頭のいい子よ〜よろしくね」とリードをつけて渡されました。

うぅ・・・まぁ、できればもうちょっと小さく毛の短い品種のほうが、とも思ったのですが、これも何かの縁。元の飼い主さんに聞いた名前が聞き取りにくく発音しづらかったので、別の名前をつけ翌日には一度も打っていないというので予防接種を受けさせ、かわいがっていました。そう、前の犬と同じように登下校送迎に犬の散歩です。

当然、以前の飼い主の家の前を通ります。普段は門が閉まっているので、犬も何の感慨もなさそうに通り過ぎるのですが、家に来てから10日後の朝、たまたま前のオーナーさんが門の外に出ていました。

「あれまぁ××ちゃん」と犬を呼び寄せると、抱きかかえで私の持っているリードを手に取り、そのまま家の中に入っていきます。
えっ?何?? なにか犬の付属品でも渡してくれるものがあるの?
私と娘が呆然としていると、その息子らしき人が、
「帰ってくるから」といったようなことを言うので、待っていると、しっかり犬を抱きかかえたまま戻ってきて

「お願い、この子を返して、この子じゃなきゃやっぱり駄目だわ、旦那がこんな大きな犬ダメだっていうからほかの小さい犬を飼うことにしたんだけれど・・・」

「No」といったところで、抱きかかえた犬を返してくれそうにもありません。こんな時なんていえばいいのか。。
私と娘が絶句しているまに、犬を抱きかかえたまま家の中に入って行ってしまいました。

こんなことってアリ!?

さて、数週間後。その事件のあった家の向いに住んでいて事の顛末の目撃者のおばちゃんが、今度は学校への迎えの途中で声をかけてきました。
「せにょーらっ、こっち来て、来て!!」と。寄っていくと「ハイこれ」また突然犬を手渡されます。こんどはまだ幼い子犬です。
「犬欲しがっていたでしょ?これ誰かが家の前に捨てていったの。うちはもう二匹飼っていてこれ以上は無理。お願いだから持っていってよ」
うぅ。。今回はNoと言える状況です。でも抱かれた子犬にぺろぺろクンクンされちゃうと嫌とは言えません。まぁ今度は本当にもらってもらいたがっているし、大丈夫か。と。

子犬と学校に迎えに行くと娘は大喜び!とりあえず、喉乾いてそうだしミルクで大丈夫よ。と言われたので、ミルクを与えて遊んで・・・何て名前がいいかな?なんて名前候補をいろいろ考えていました。

そして家について二時間もしたころでしょうか??
本当の飼い主さんがやってきて、返してほしい。とのこと。
聞けば、飼い始めたところ、部屋の大家さんが勝手に犬を持ち出して私にくれてしまったらしいのです。丁寧な人で「もしできれば、なんだけれど。」とソフトな言い方で頼まれてしまい、そういうことであれば、犬を取り上げられる悲しみは、ついこの間自分たちが体験したばかりです。。。泣きそうな娘は申し訳ないけれど、まだ短時間でよかった。

その後も何人かに犬どう?と言われましたが、もう近所はコリゴリです。
そして、ネットで里親募集している人に連絡して、やーっと我が家の新しいメンバーが決まりました。


P_20190619_141739.jpg

ふーっ、やっと一件落着。
でも、また犬もらって、と声をかけられるのを避けるために、まだ散歩には幼い子犬ですが、カバンに入れて連れまわしています。
posted by うらん at 05:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

犬の行方不明

飼っていた犬が、家出をして帰ってこず、そのままもう一か月以上たちました。
二月のはじめ、まだ骨折中の私が歩くのが不自由で散歩が減っていたのが不満だったのでしょうか?
車の出し入れ時の時にでもこっそり出たのでしょう。
気が付くといなくなっていました。

脱走癖のある子でした。
一晩位帰ってこないことはたまにあったし
名札もつけていたので、見つけた人から電話がかかってきたり
家まで連れてきてくれたりで
今までは無事に戻ってきていたのです。

が、

いちいち電話の度に迎えに行ったり、連れてきてくれた人にお礼をしたりが
煩わしい。と旦那が名札を取ってしまっていたのですね〜
私は反対したのに・・・

歩けなかった私は捜し歩くわけにもいかず
気もそぞろながら、数日待ち、張り紙をつくって近所の電柱に張って歩き
Facebookやテレビの訪ね犬コーナーに掲載を頼んだり
色々しましたが、情報もなく帰ってもきません。

そのうちに私が歩けるようになり、道を歩いていると
みんなが犬どうしたの?と声をかけてきます。
いなくなっちゃった、というと
連れていかれたのよ〜という人のなんと多いことか。

その割に、一人で散歩している顔見知りの道端の犬はいつも通り。
でも、独り歩きしている犬は、顔見知りになって撫でさせてくれても
割と不愛想でそのあとついてきたりはしません。
うちの子はだれにでも笑顔で愛想を振りまくタイプで
しかも今までは親切な人が名札を見て家に連れてきてくれたりしたから
この人についていけば家に帰れるかも?とか思ったのかもしれません。

Layla-No1.JPG

あ〜今頃どうしているんだろう。。。
せめてかわいがってくれる人の家で幸せだといいんだけれどなぁ。
と思いつつ歩きながらついつい目は犬を探す毎日です。
はぁ。。。。。

でも、今日ネットのニュースで
「飼い犬の性格は飼い主に似る」という記事がありました。
それによると、かなりの確率で性格が似るとのこと。
そもそも、性格の似た犬を気に入って飼うからなのか
育てるうちに性格が似るのかはわからないそうですが。

その記事には、おとなしいとか活発とかいう性格しか書いてませんでしたが
私も旦那も世界中をふらふらと放浪して歩き結局地球の反対側に住むことになった夫婦です。
しかも家に訪ねてくる人は旅人ばかり。
放浪癖まで似てしまったのかも???
posted by うらん at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

いちごパフェ

8月です。
今年も春が来て最初に咲くピンクのらぱちょが咲いて散っています。
そしてこの時期になると出てくるのが

イチゴ(フルティージャ)です。

パラグアイではハウス栽培とかなく路地ものだけなのでしょうね。
イチゴが売られている時期が本当に限られていて
買えるのは6月から9月ごろだけです。

そして今年は天候のせいなのでしょうか?
出始めが遅くそして高い!
去年までは一キロ当たり安いと20,000Gsだったのに
今年はもう8月だというのに一キロ当たりが35,000Gsもする〜

うぅ。おいしいイチゴが沢山食べたい。。。。

ということもあり
毎年行きたいなぁと思いつつ
気が付くと時期を逃していたいちごパフェを食べに
新市街にある有名なアイスクリーム屋さんクアトロ・ディに行ってきました。

イチゴの入手が期間限定なので
いちごパフェも当然期間限定です。
サイズが二種類あり、普通サイズとミニサイズ。
親娘3人だからミニ3つで
娘が残した分は私が食べればいいっか。とおもっていたのですが
直前に行った人から、「ミニで十分」と聞いていたので
ぐっと我慢してミニを二つ頼みました。

昔パフェ食べ放題の店で
一時間に6個のパフェを平らげたことのある私としては
ちょっと物足りないかなぁなんて思っていたのですが
やっぱりここはパラグアイ。
ミニでも十分立派なサイズのが来ました。
500tのペットボトルと比べてください。

P_20180812_133414.jpg

そしてこのイチゴとクリームのボリューム♪♪♪♪

P_20180812_133516.jpg

イチゴとクリームが食べ終わると
その下にはイチゴとバニラのアイスとイチゴソースがたっぷり。
日本のパフェは下のほうにコーンフレークが入っていて
カサ増ししてありますが
そんなものは一切入っていません。

それでいて、甘すぎるスイーツが多いパラグアイにしては
甘さ控えめクリームにイチゴの酸味がさわやかで
まったく胸焼けすることなく最後まで幸せに食べられました。

これなら、ミニでなくてもよかったかも?とおもった私ですが
隣のテーブルに来たフルサイズを見て、ビックリ。

ミニが500tペットボトルサイズなら
フルサイズはビールの大瓶くらいのサイズだったんです。
食べてみたい気もチラッと横切りましたが
翌日以降の体重計のことを考えると
やっぱりミニサイズが幸せな量なんでしょうね。

Quattro D
http://www.quattrod.com.py/
いちごパフェ(San Remo)
ミニサイズ24,000Gs
posted by うらん at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする