2016年01月07日

永住権申請のまとめ

永住権に関する問い合わせが多いので、
先月申請した人などから最新の情報をきいてまとめました。

ただ、ここは南米パラグアイ。担当者や時と場合によって違いがあります。
この通りでないからといって責任はとれませんのであしからず・・・・
また、経験者の方にお願いです。
過不足がありましたらコメントしていただけると助かります。

アスンシオンの移民局からもらえる「永住権のための必要書類一覧」には
日本からの書類には在日パラグアイ大使館の認証が必要とありますが現在は不要。
この件については在日パラグアイ大使館もコメントしてる決定事項。

ただ代わりに司法書士学校・最高裁判所などでの認証が必要になったと聞きましたが
2015年12月申請の人の場合は無しでOKでした。
時と場合と対応した担当者によって違う?
パラグアイ移民局公式ホームページ(スペイン語)はこちら↓
http://www.migraciones.gov.py/radicacion-permanente-ley-978/96
※2016/10 ↓に変更されました。
http://www.migraciones.gov.py/index.php/tramites-1/radicaciones/radicacion-permanente

必要書類は以下の通りですべてが
オリジナルと
真贋証明された(AUTENTICADO)コピー一部が必要。
裏に記載のある場合は裏面のコピーも必要です。

※真贋証明(AUTENTICADO)とは
公証人(Escribania)でそのコピーが本物と認証してもらうこと
公証人によって値段は一枚2,000Gs〜5,000Gs程度
移民局近くは高いので1ブロック離れたIturbe通りにあるところがおすすめ

◆1◆ID=パスポート
◆2◆無犯罪証明書
 ◇1◇過去5年間住んでいた国の警察の発行する無犯罪証明書

 ◇2◇インターポールの無犯罪証明書
◆3◆出生証明
◆4◆婚姻/離婚証明(結婚・離婚・死別の場合)
◆5◆健康診断書
◆6◆パラグアイでの居住証明
◆7◆パラグアイの無犯罪証明書
◆8◆パラグアイの法順守誓約書
◆9◆パラグアイでの生活保障証明
 残高証明 OR 雇用証明 OR 農地取得証明など・・・

必要書類をそろえて移民局へ行き書類OKだったら
写真を撮ってお金を払って(1,337,000Gs)
引換証(永住権申請ビザ)をもらって数か月待つことになります。
三か月から半年でだいたい取れるようです。
できたかどうかは移民局のパソコンで調べられますし、電話でも問い合わせできます。

永住権を受け取ってから180日以内にセドラ(身分証明書)を申請しないとペナルティがあります。

以下のような方は自分ですべての書類を整えられると思います。
 一人旅できるくらいにはスペイン語が話せる
 (自分のしたいことを主張でき、断られてもその理由や回避方法を聞き出せる)
 アスンシオンで住所をみせられて自力でそこにたどり着ける
 時間がかかっても問題ない

各書類ごとの詳細は以下の通り

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆1◆ID=パスポート
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
日本のパスポート(パラグアイ入国スタンプのあるもの)
 ↓
スペイン語に翻訳 ※必要な場合と不要な場合あり・・・
例)1ページ110,000Gs数日必要

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆2◆無犯罪証明書(14歳未満は不要)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
◇1◇過去5年間住んでいた国の警察の発行する無犯罪証明書
(日本の有効期限は6か月)

(1)日本でとる場合
在日パラグアイ大使館のHP↓から
http://www.embapar.jp/ja/sc/visa/visa_larga_estadia_japoneses/

永住権には無犯罪証明書が必要であるということの記載のある書類をダウンロードし印刷(a)

 ↓
住民票のある道府県警or警視庁で申請
無料
必要書類:(a)
一週間?
 ↓
受取
 ↓
日本の外務省でのアポスティーユ
無料
持参&受取に行けば翌日、郵送も可能
 ↓
翻訳が必要なことも??
 ↓
開封してパラグアイ外務省でのアポスティーユ
有料
1〜数時間

(2)日本以外でとる場合
在外日本領事館で申請
一か月から数か月
 ↓
受取(アポスティーユ付)
 ↓
パラグアイ外務省でのアポスティーユ

◇2-2◇インターポールの無犯罪証明書◇
(有効期限は3か月)
パラグアイのインターポールで申請
パスポートコピー☆・写真二枚
有料:50,000Gs
 ↓
翌日から数日で受取
 ↓
警察@で認証
無料・その場
 ↓
警察Aで認証
無料・その場

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆3◆出生証明
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
日本の戸籍(謄本OR抄本)
 ↓
日本の外務省でアポスティーユ
 ↓
翻訳 OR 大使館で戸籍謄本をもとに出生証明作成
 ↓
パラグアイの外務省認証
有料:
午前中申請なら即日

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆4◆婚姻/離婚証明 (結婚・離婚・死別の場合)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
必要な場合は↑3で戸籍謄本を取得し
戸籍謄本を翻訳すればOK

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆5◆健康診断書
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
パラグアイの病院で検査
 ↓
健康診断書作成
 ↓
パラグアイの厚生省で認証
()
有料:10,000Gs
午前中申請なら即日

※子供の場合は小児科医による健康診断書のみ受付

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆6◆パラグアイでの居住証明
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
パラグアイ居住地の近くの警察で申請書をもらう
 ↓
申請
IDのコピー☆
申請書(パラグアイ人二人の承認サインが必要)
サインしたパラグアイ人二人のセドラコピー
電気・水道・電話の契約書コピー
インターポールの無犯罪証明書
無料
 ↓
翌日受取



▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆7◆パラグアイの無犯罪証明書
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
国家警察PoliciaNacionalで申請
その場で発行
有料:63,000Gs


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆8◆パラグアイの法順守誓約書
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
公証人に作成依頼
その場で発行
有料:公証人よる50,000Gs程度?


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
◆9◆パラグアイでの生活保障証明
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
例)残高証明(5000ドル程度)
パラグアイの銀行に口座を開く
 ↓
残高証明
 銀行によっては残高証明発行後数か月の口座凍結する場合も

※口座開設には基本的にセドラがないとできませんが
以下の二つは実績あり

FINANCIELA Paraguayo Japonesa:永住権申請のための書類(戸籍など)が必要
Banko SudAmerica:二人のセドラ所持者のサインが必要

銀行・口座の種類・タイミングによって違うかも??です。


他)雇用予定証明、農地取得証明など


★★★★★★★★★
★永住権関連施設★
★★★★★★★★★

●移民局/DIRECCION GENERAL DE MIGRACION●
住所:Caballero No.201 e/Eligio Ayala
電話:+595-(0)21-446-066

●インターポール/INTERPOL●
住所:Cnel. Gracia No.468 c/Tte. Rodi

●外務省/Ministerio de Relaciones Exteriores●
住所:14 de Mayo c/Palma

●厚生省/Ministerio de Salud●
住所:Brasil c/Manuel Dominguez

●警察/PoliciaNacional●
住所:R.I.2 Ytororo c/ Boggiani

●警察@/PoliciaNacional Direccion General de Bienesfar Personal●
住所:India Juliana c/San Roque Gonzalez de Santacruz

●警察A/Comandancia de la PoliciaNacional●
住所:Paraguasyo Independiente
entre Chile y Ntra.Sra.de la Asuncion

住所の記号説明です。
 e/ はe/以降の名前の道との角
 c/ はc/以降の名前の道の近く
 entre A y B はAとBの通りの間

パラグアイはGoogleMapで住所を検索しても通り名までしか探せません。
そのせいか上記のような説明が住所に入ることが多いです。
eijuuken01.jpg続きを読む
posted by うらん at 00:23| Comment(11) | 永住権申請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

永住権申請2015

私が申請したのが2011年。
4年たって手続きや申請料など結構変わっているようなので
永住権申請サポートしている知人から最近の情報や金額を聞いたので書いておきます。

◆申請に必要な書類◆
以前は必要だった
パラグアイに住む人からの推薦状というものは不要になったようです。

また、日本の手続きの戸籍&無犯罪証明書の認証が
外務省→在日パラグアイ大使館だったものが外務省だけになりました。
その代りパラグアイでの手続きが増えたようで
それに必要な経費は以下の※を参照のこと

永住権申請時に必要な残高証明の金額が
5,000米ドルから5,600米ドルに値上がりしました。
(我が家の場合は知らずに雇用予定証明をとりましたが
日系のところで永住権申請に必要な書類などを持っていけば
口座開設&残高証明してくれるところがあります。)

◆申請にかかる実費◆
永住権申請代金:Gs1,200,000−
インターポール無犯罪証明申請:Gs50,000−(以前はGs80,000ー)
パラグアイ国内無犯罪証明書:Gs63,000−(以前はGs25,000ー)
パラグアイ法律遵守宣誓書作成:Gs40,000−
医師の健康診断書作成一名:GsGs80,000−
その厚生省認証:Gs50,000−

※現在はアポステイーユの為パラグアイ国内でパスポートの認証が必要で、
@パラグアイ司法書士学校Gs42,000−
Aパラグアイ最高裁判所Gs33,000−
Bパラグアイ司法労働省Gs17,000−
Cパラグアイ外務省Gs17,000−

その他
パスポートの翻訳、無犯罪証明書の翻訳、戸籍謄本の翻訳
戸籍謄本のページ数にもよりますが、大体全部でGs400,000−位
その他、真贋証明一枚当たり2,000Gs〜5,000Gs

ということで、現在のレート(1ドル=5,000Gs)で
だいたい400ドルくらいかかります。

◆申請サポート費用◆
自分ですべてする場合は、上記実費のほかにバス代などの交通費のみ
サポートを依頼する場合は、頼む人にもよりますが一人当たり600ドル〜
posted by うらん at 23:12| Comment(13) | 永住権申請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

永住権申請3

やっと申請が終わりました。
そろえた書類を持ってセントロのイミグレ(移民局)へ
「全部の書類のコピーを二部とってエスクリバニアで原本証明が必要」
と聞いていたのですが、必要だったのは
◇1〜3と8だけでした。
◇5インターポールは居住証明をとるためだけに必要だったのか
移民局ではオリジナルもコピーもみただけで返されました。

◇1◇パスポート
◇2◇戸籍謄本
◇3◇日本の無犯罪証明書
◇4◇パラグアイの無犯罪証明書
◇5◇インターポールの無犯罪証明書
 DepartmentoDePersonalは法務省ではなく
 警察のなかの個人部門でした。

◇6◇健康診断書
◇7◇居住証明
◇8◇写真(2.5X2.5)2枚
 これはその場でパチリ
◇9◇雇用証明書、銀行残高証明など
 主婦の場合旦那の永住権カードのコピーでOK
◇10◇パラグアイ国法律順守宣言
 司法書士でその場で作成
 50,000Gr(約1000円)で作れます

書類をチェックされて戸籍裏の認証部分のコピーが
足りないことを指摘されて、あわてて向かいのエスクリバニアへ

ちなみに移民局の目の前のエスクリバニアは高いので
1ブロック離れたところでやったほうがお得♪

書類がそろったら申請。
いくつか質問されて、紙に住んでいるところの地図を書いたり
サインをしたりします。
写真撮影し、お金1,105,480Gr(約22000円)を払って
レシートと永住権申請中VISAを受け取って終了!
90日後にはできているはずです。

20110617.jpg
posted by うらん at 07:40| Comment(5) | 永住権申請 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする